信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の業務

信用金庫の歴史

銀行との違い

信用金庫法

全信協

近年の動向

信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫について

信用金庫ってなに?

私たちが普段よく利用する金融機関のひとつに信用金庫があると思います。民間企業の経営する銀行に対して信用金庫法と呼ばれる法律の下に地域によって運営されているのが大きな特徴です。

現在日本には全国に271もの信用金庫があるといわれていますがそれぞれが地域の住民や中小企業を主な顧客ターゲットとして、主に大企業を相手とした経営を行っている銀行との大きな相違点となっています。

業務の上でも「貯蓄」「投資」「融資」といった金融関係のことを扱う点では変わりありませんが、保険業務やインターネットバンキング、スポーツ振興くじの販売及び当選金の払い戻しなどの銀行にはない個人向けの業務を執り行っていることからも地域住民とターゲットとした個人向けの金融機関であることがうかがえます。

このような銀行や信用組合とはまた違った運営をしていることもあってか、自らの利益を追求しない非営利組織の一つである信用金庫の中でも一部の店舗は比較的小規模の銀行である第二地方銀行に匹敵する資本金を擁するメガ信金と呼ばれるにまで至っています。

また近年では各信用金庫同士や他の金融機関との連携も盛んに行われその利便性の向上に努めている面も見受けられ今後もよりいっそうの繁栄をしていくことでしょう。しかし2000年以降信用金庫も相次ぐ合併を余儀なくされています。

主なものでは全国に7箇所存在した信用金庫の共同事務センターも2011年までに2箇所に統合される予定であり、その影響でその前後2年間の合併が難しくなることに伴い規模の小さな地方の信用金庫を中心に対等な立場での合併が進められるという動きが出てきています。それでも現在地元の中小企業への融資を中心として年間100兆円を超える資産を運用し地域経済に大きな影響力を持っている金融機関となっています。

信用金庫をはじめとした様々な金融機関とその特徴を知ることで、経済を理解しより上手な貯蓄や投資など生活に実用的な知識の習得と理解につながればと考えております。

信用金庫などでお金を借りられない場合は、消費者金融会社から。ご利用は計画的に!!

Copyright (C) 信用金庫を知る為のマニュアル All Rights Reserved